2015年4月16日木曜日

3泊4日で坐禅修行してきた

お休みをいただいて3泊4日の坐禅修行に行ってきました。

修行してきたのは,宝泉寺 禅センターという
嵐山よりさらに奥へ入ったところです。

行ってどうだった?

行ってよかった。でも1回でいいかな。
今回の大きな収穫は,無心になることを坐禅を通して身に着けれたことかなと思います。
あとは,食事の際の行儀がよくなった。
メリハリが聞いていたので長期でも大丈夫かなと思いました。
施設も全体的に綺麗で,建物も新しかった。お寺の方も若かった。
ただ施設内はシャワーだけなのでお風呂が恋しかった。

修行の基本

決まった場所以外での私語禁止。5分前行動。
防寒具の着用禁止。靴下も禁止で常に裸足。
食事に肉・魚は出てきません(精進料理。ただし味付けは薄目濃いめ様々。)
朝食・夕食は無言で食事中の飲み物も無しで,決められた作法でいただきます。
ここで使う箸・器は修行初日~最終日まで洗剤では洗いません。
昼食は和やかな雰囲気で喋りながら楽しく食べれます。(カレーとか出てきます)

修行のスケジュール

※1日目は安単から参加し,最終日は粥座まで参加です。
5:20 開静 (起床)
  行く前は早いと思ったけど,夜も早いので意外に起きれる。
5:40 八段錦 (太極拳)
  起きてから15分なので始まりまであまり余裕がない。
  雨の日は坐禅に変わります。
6:00 坐禅 (25分×2)
  朝のいい静けさと空腹によるお腹からの音(笑)を感じながらの坐禅は
  落ち着きました。(坐禅は初日の夜以外は落ち着く)
7:00 朝課
  本堂でお経を読みます。お経を読むと,修行感高まります。
7:20 掃除
  誰でもわかるマニュアルが置いてある。だから常に寺は綺麗。
7:50 粥座 (朝食)
  朝早い割に朝食が遅い。朝は必ずお粥。
-:-- 下山者挨拶
  その日の下山者はここで挨拶して帰ります。
9:00 作務
  雨の日は法話DVD鑑賞に変更。
  草むしりしたり,畑耕したりします。途中に茶礼(おやつ休憩)あり。
11:45 安単
  昼食前の坐禅タイム。
12:00 斎座 (昼食)
  普段どおりに食事して,修行者が手分けして片付けます。
  作法無しで自由に食べれるので三食のうち一番食べてます。
12:40 自由時間
  自分は寝たり,観光に行ったり,洗濯したり,シャワー浴びたり。
  読書している方や,外で坐禅している方など過ごし方は様々。
16:45 安単
  夕食前の坐禅タイム。ここで入山した人が自己紹介した後合流する。
17:00 薬石 (夕食)
  個人的に,初日の薬石はこの修行最難関。
  前に座っている長期修行者並のスピードで食べ,片付けます
18:10 法話 (火曜/土曜のみ)
  和尚さんからのありがたいお話。法話がなければ休憩になる。
19:00 坐禅 (25分*3)
  初日は最初のコマで坐禅指導あり。
  姿勢指導も適宜あり,テレビなどでよく見る板で叩かれるのも
  希望すればしてもらえます。(希望しなければされない)
20:30 開枕調経
  消灯までの準備時間開始って意味です。
21:10 茶礼 (自由参加)
  お寺のスタッフの方や修行者とお菓子とお茶をいただきながら,
  雑談したり食事の作法の練習したりフリータイムです。
22:00 開枕 (消灯)
  消灯の見回りに来ます。消灯後は速やかに寝ていました。
  ログハウスの二段ベッドで寝ましたが,少し寝にくいです。

これから行く人へ

一回の修行でしっかりとした収穫を得るために,
長期修行者やお寺のスタッフさんとたくさん話すといいと思います。
また,寒暖差が激しいのでジャージの中に着込める防寒具を多めに用意しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿