2015年3月22日日曜日

時雨祭@ドワンゴ行ってきた(後編)

プレゼンメモが長くなってしまった

ので,後半の4つのプレゼンについてはこちらにまとめました。
4. Quipperを支えるテスト技術(@hakobera)
5. freeeを支える技術 (@xga)
6. (Web魚拓の闇(公開禁止)) (@hiroki_niinuma)
7. HLSについて知っていることを話します (@moriyoshit)
前半はこちらです。
1. 真 Drone入門 (@mopemope)
2. メルカリを支える技術 (@cubicdaiya)
3. Qiitaを支えたい技術 (@mizchi)

プレゼンメモ(後編)

4. Quipperを支える負荷テスト技術(@hakobera)

負荷テストの重要性と手軽な負荷テスト環境構築とデモがありました。
資料:https://gist.github.com/hakobera/e47dd940b92f56d8bf1a
参考スライド:


負荷テスト:大事なのはわかるけどシナリオ作成とかインフラ構築がめんどくさい
→プログラミング言語(例:Locust)でシナリオ作ってDockerでインフラ構築すると楽だよ!
- シナリオ作成:XMLで作るのもあるが,あくまで構図を書くものだから
 ロジックを作りこむには向いてない。例えば,Pythonで書けるLocustで作成する。
- インフラ構築:ハードなDockerのイメージ管理はGoogle Container Registryで,
 クラスタの構築はGoogle Container Engineで解決!

LocustのWebインタフェースがやたらおしゃれでリッチだったし,
csv形式で結果吐き出せるしでちょっと使ってみたかった。

5. freeeを支える技術(@xga)

クラウド会計ソフトfreeeを支える技術
資料:https://t.co/ufHavYWfvs

■支える技術
フロントエンドをbackbone.js/vue.js/CSS
裏はRuby on Rails
インフラは全部AWSを利用している
監視にはZABBIXを利用している。「さいこーっすね」「楽っすね」
PostgreSQLのJSONB+GIN INDEXは革命的に早い。
電話対応にはZendeskを利用(03番号が取得できる)
タスク管理は殆どasana
■社内制度
社員全員(インターン含め50人くらい)が集まって食事する機会多し。
「見た目はいいんですけど」「いや、大丈夫です」「なかよしです、なかよし」
バグのことをハッピーと呼び,確定申告シーズン以外はハッピー担当が二人いる。

6. Web魚拓の闇(@hiroki_niinuma)

公開禁止なので何も書きません。

7. HLSについて知っていることを話します。(@moriyoshit)

今回の発表で一番本業と遠くて新鮮だった。


HLS(HTTP Live Streaming)は,HTTPを使ってネットラジオと同じ要領で動画を配信する技術。
■仕組みがシンプル
(1)動画をセグメントごとに分割
(2)プレイリストを更新
以上。
■特徴
・プロトコルがシンプル(クライアントにひたすら送るだけ)
・キャッシュフレンドリー(セグメントごとに分割されてるから扱いやすい)
■ご家庭でHLSを始めるには
Webサーバを用意してセグメントファイルを送り付ける。
nginx-rtmp-moduleを使うのがおすすめ
設定がAdobe Media Serverより楽で,nginxの他のモジュールと合わせて利用できる。

0 件のコメント:

コメントを投稿