2014年12月31日水曜日

現代ハッカーの原点

この記事はコンピュータ書を読んでいる女子の Advent Calendar 2014
12/21分として書きました。遅刻しましたごめんなさい。
※遅刻したくせにクオリティ低いです。(読み直す時間がありませんでした。。。)


さて,今回紹介するのは「ハッカーズ」という本です。
ハッカーズ/スティーブン・レビー(1987/2)
コンピュータ業界の黎明期から執筆当時までの
エンジニアのエピソードがたくさん盛り込まれている本。
コンピュータ書と言っていいのか怪しいですが,
技術を学ぶには基礎を知らないとということで読んでみました。
この本では,仕事で生きる技術を学ぶというよりは,
今のネット産業およびエンジニアのベースとなる部分というか
エンジニア魂とはなんたるかを感じることができます。

グッときたポイント:輝くハッカーズは変わらない。

好奇心旺盛なのは良いことです。それはいつの時代になっても一緒です。

この本が出版されたのは1987年と家庭にパソコンが普及し始める前の時代のため,古い話が多いです。
ただ,ハッカーたちは扱う技術が違うだけで,今も昔も変わらないなーと思いました。
黎明期から今の状態まで発展させることができたのは,
この本に出てくるような好奇心旺盛な行動力のあるハッカーズによるものであること,
そして今現在も業界に名を轟かせるような企業や個人も
好奇心旺盛な行動力のあるハッカーズ。
自分もそんなハッカーになれたらいいなと思いました。

…本当はもっと詳しく書きたいところなのですが,
年末の大掃除がまだ終わってないので来年追記とかできたらいいなと思います。
よいお年を!

0 件のコメント:

コメントを投稿